【2024年5月〜6月】スタンダード環境最強デッキレシピランキング!Tier表有り!

2024年6月の最強デッキレシピランキング(Tier表)

Tier1

リザードンex(悪)

リザードンex(悪)

ドラパルトex

ドラパルトex

Tier2

サーナイトex

サーナイトex

ルギアVSTAR

ルギアVSTAR

ロストバレット

ロストバレット

オーガポンライコ

オーガポンライコ

レジドラゴVSTAR

レジドラゴVSTAR

Tier3

パオジアンex

パオジアンex

古代バレット

古代バレット

オリジンディアルガVSTAR

オリジンディアルガVSTAR

ミライドンex

ミライドンex

ロストギラティナ

ロストギラティナ

前環境までのおさらい

4月26日(金)、拡張パック「変幻の仮面」が発売。


その初日から

ドラパルトex

が大暴れして、従来のリザードンやロストゾーン軸のデッキが中心にいた対戦環境は瞬く間にドラパルト一色に染まりました。



ドラパルトex


多彩な型や攻撃パターンがあり、小型ポケモンへの圧倒的な制圧力を持つドラパルトは到底無視できるものではありません。進化ポケモンを採用するデッキは進化元ポケモンのHPラインから再検討され、多くの対策カードが研究され始めました。



その結果、無敵に思えた

ドラパルトex

にも浸け入る隙や苦手対面があることが認知され始めます。



「ファントムダイブ」のダメカンを跳ね返す

マシマシラ

ネオアッパーエネルギー

を封じる

改造ハンマー

ワザマシン エヴォリューション

を封じて展開阻害する

ジャミングタワー

などのカード単位での対策。



それだけでなく後攻1ターン目からの「ごっつあんプリファイ」で追いつけないサイド差を作る

ミライドンex

など、構築単位での対策方法も発見されます。



マシマシラミライドンex


そうして迎えたチャンピオンズリーグ2024札幌。


優勝デッキは

ミライドンex

、準優勝デッキは

サーナイトex

と、ドラパルト一強環境に終止符を打つ大型大会となりました。



ここまでが前回のおさらいです。


そしてここから環境の動きは加速します。


現環境の解説


環境変化のポイントは大きく3つです。



1. オーガポンライコの登場


2. レジドラゴVSTARの躍進


3. リザードンexの復権




1. 「オーガポンライコの登場」について


CL札幌が幕を閉じた後、突如新デッキ「オーガポンライコ」が現れます。オーガポンライコは主に2つの要因で爆発的にシェア率を伸ばします。



1つ目の理由は苦手対面が少ない点。



これは決して全対面有利という意味ではなく「

ドラパルトex

が抑止力となって苦手対面に出くわす機会が少ない」ということです。



オーガポンライコは「サイド2枚取られても良いから高火力を出してサイド2枚取ろう。お互いサイドを2枚ずつ取り合うから早く攻撃を仕掛けて逃げ切ろう」という考え方が前提にあるデッキタイプです。


この考え方は対戦相手がサイド2枚分のポケモンV・exでないと成立しない考え方なので、「大型ポケモンには有利・小型ポケモンには不利」という相性関係になります。



タケルライコexオーガポンみどりのめんex


それに対して

ドラパルトex

は「小型ポケモンには有利・大型ポケモンには不利」という真逆の相性関係になっています。そんな

ドラパルトex

が環境トップにいると、当然小型ポケモンを軸にしたデッキを握る人は少なくなります。


その結果、オーガポンライコ視点では「勝てる相手とマッチングしやすい」状況になりました。



2つ目はCL札幌優勝の

ミライドンex

に有利な点。



ミライドン側の最大ダメージは

ミライドンex

の「フォトンブラスター」と

ライコウV

の「ライトニングロンド」の220ダメージ(連発が難しい

ライチュウV

を除く)。

タケルライコex

勇気のおまもり

が付いた

オーガポンみどりのめんex

を倒せません。



ミライドンexライコウV


一方で、オーガポンライコ側は280ダメージを連打することも可能です。


よってこの対面はオーガポンライコ側が有利となります。



このような経緯でオーガポンライコが大流行したわけですが、強化拡張パック「ナイトワンダラー」の発売によってあるデッキが進化を遂げます。



2. レジドラゴVSTARの躍進



拡張パック「変幻の仮面」で

オーガポンみどりのめんex

が追加されました。



これまで

ナタネの活気

でエネルギー供給していた

レジドラゴVSTAR

ですが、特性「みどりのまい」で貼った草エネルギーを

エネルギーつけかえ

で移動する新ギミックを手に入れたことで、

レジドラゴVSTAR

の「りゅうむそう」を使うハードルが大きく下がりました。



レジドラゴVSTARオーガポンみどりのめんex


攻撃までの要求が下がっただけでなく、

ドラパルトex

の「ファントムダイブ」が使えるのも強化ポイント。小型ポケモンだけでなく、HP200〜230の中型ポケモンが並ぶ対面でもサイドレースが間に合うようになりました。



このように

ドラパルトex

タケルライコex

の陰に隠れて、水面下では

レジドラゴVSTAR

の研究が進められることになります。



そして次弾、強化拡張パック「ナイトワンダラー」ではポケモン3匹を同時処理できる

キュレム

と、強制きぜつワザを持った

オノノクス

が追加。



これだけ強力なワザを持ったドラゴンポケモンが複数追加されたことで

レジドラゴVSTAR

は遂に環境入りを果たします。



キュレムオノノクス


非ルールポケモンには

ドラパルトex

キュレム

による複数体同時攻撃、ポケモンVSTARや2進化ポケモンexには

ギラティナVSTAR

タケルライコex

による大ダメージと、攻撃の大小を使い分けられる器用なポケモンへと変貌を遂げた

レジドラゴVSTAR

の今後にも注目が集まります。



3. リザードンexの復権


リザードンex


ドラパルトex

に抑制されていた

リザードンex

ですが、環境的な追い風と新弾での強化を受けて、再び環境トップに返り咲いています。



著しい変化は

サマヨール

ヨノワール

の特性「カースドボム」の獲得。自らサイドを献上することで能動的に「バーニングダーク」のダメージを上げられるようになりました。具体的なダメージラインを2つ紹介します。



サマヨールヨノワール


まずは最序盤。


相手サイドが6枚だと「バーニングダーク」は180ダメージで止まるため、これまでは

タケルライコex

テツノカイナex

パオジアンex

といったたねポケモンexを倒せずに先制を許していました。



しかし、ここで特性「カースドボム」を使うと210ダメージ+ダメカン5個でHP260まで一撃圏内に入ります。



そして、対ポケモンVSTARの280ライン。


今まではサイドを4枚取られてやっと倒せるラインでしたが、これからは相手サイド5枚のタイミングから特性「カースドボム」を使うことで倒せるようになりました。


(240ダメージ+ダメカン5個=290ダメージ)



「無理にサイドを進めずに受けるダメージを調整する」という常套手段が効かなくなった

リザードンex

の勢いはしばらく止まらないでしょう。



Tier1のデッキレシピと解説

リザードンex(悪)(サンプルレシピ)

ヒトカゲ

x 4

リザード

x 1

リザードンex

x 3

ポッポ

x 2

ピジョットex

x 2

かがやくリザードン

x 1

マナフィ

x 1

ヨマワル

x 2

サマヨール

x 1

ヨノワール

x 1

ロトムV

x 1

ネオラントV

x 1

キチキギスex

x 1

なかよしポフィン

x 4

ハイパーボール

x 4

ネストボール

x 2

ふしぎなアメ

x 4

すごいつりざお

x 2

ポケモンいれかえ

x 1

カウンターキャッチャー

x 1

ペパー

x 4

ナンジャモ

x 3

ボスの指令

x 2

ツツジ

x 1

フトゥー博士のシナリオ

x 1

崩れたスタジアム

x 1

森の封印石

x 1

マキシマムベルト

x 1

基本炎エネルギー

x 7

優勝

×9

3位

×1

ベスト8

×2

入賞

×7

このレシピの予算: 12,750円

リザードンex(悪)の解説

リザードンex

の「バーニングダーク」を軸に攻撃するデッキです。このワザは取られたサイド枚数に応じてダメージが上昇するため、対戦終盤にはポケモンex・ポケモンVSTARをも一撃で倒せるようになります。



リザードンexサマヨール


新弾で獲得したのは特性「カースドボム」をもつ

サマヨール

。ダメカン5個を乗せるだけでなく、サイドを取らせて「バーニングダーク」の威力を能動的に上げられるようになったため、以前より一撃で倒せる範囲が広がりました。




特性「れんごくしはい」により進化するだけでエネルギーまで付いてくるのが

ドラパルトex

との大きな違いで、その安定感とカウンター性能がここに来て再評価されつつあります。


ドラパルトex(サンプルレシピ)

キュワワー

x 4

ドラメシヤ

x 4

ドロンチ

x 4

ドラパルトex

x 2

ウッウ

x 1

かがやくリザードン

x 1

ヤミラミ

x 1

マナフィ

x 1

なかよしポフィン

x 4

ネストボール

x 4

ハイパーボール

x 1

ミラージュゲート

x 3

ポケモンいれかえ

x 4

いれかえカート

x 2

すごいつりざお

x 2

ふしぎなアメ

x 2

カウンターキャッチャー

x 1

夜のタンカ

x 1

プライムキャッチャー

x 1

シンオウ神殿

x 1

緊急ボード

x 1

ワザマシン デヴォリューション

x 1

アクロマの実験

x 4

ナンジャモ

x 1

ツツジ

x 1

ボスの指令

x 1

基本炎エネルギー

x 3

基本超エネルギー

x 4

優勝

×14

準優勝

×3

3位

×1

ベスト8

×15

入賞

×26

このレシピの予算: 12,970円

ドラパルトexの解説

ワザ「ファントムダイブ」を主軸に攻めるデッキ。


バトル場への200ダメージに加えてベンチにダメカン6個を自由に置けるため、様々なデッキで採用される進化ポケモンの進化元やロストゾーン軸の

キュワワー

等、低HPポケモンへの高い制圧力が特徴です。



ドラパルトex


ドラパルトデッキの型はネイティオ型・ロスト型・リザードン型・ピジョット型の4種類に分類されます。


最もメジャーなのはネイティオ型。


特性「アカシックセンス」と手貼りで攻撃できるため、一番早く・継続的に・安定して「ファントムダイブ」を使えます。



そして最近使用率を伸ばしているのがロスト型。


序盤から攻撃できる

ウッウ

、オーガポンライコやミライドンといった攻撃が早いデッキに対してカウンターできる

かがやくリザードン

ガチグマアカツキex

等、必ずしもドラパルトに依存しない多彩さが評価されています。



ネイティオキュワワー

Tier2のデッキレシピと解説

サーナイトex(サンプルレシピ)

ラルトス

x 4

キルリア

x 4

サーナイトex

x 3

かがやくゲッコウガ

x 1

マナフィ

x 1

マシマシラ

x 2

バリヤード

x 2

なかよしポフィン

x 4

ハイパーボール

x 2

ネストボール

x 2

ふしぎなアメ

x 2

大地の器

x 2

すごいつりざお

x 2

ヒスイのヘビーボール

x 1

ともだちてちょう

x 1

カウンターキャッチャー

x 2

アンフェアスタンプ

x 1

ボウルタウン

x 1

ナンジャモ

x 4

ペパー

x 4

フトゥー博士のシナリオ

x 2

ボスの指令

x 1

ワザマシン エヴォリューション

x 2

ワザマシン デヴォリューション

x 1

ワザマシン かじばのいっぱつ

x 1

基本超エネルギー

x 6

基本悪エネルギー

x 2

優勝

×9

準優勝

×2

3位

×2

ベスト8

×6

入賞

×8

このレシピの予算: 13,680円

サーナイトexの解説

サーナイトex

の特性「サイコエンブレイス」を起点に、

フワンテ

の「バルーンボム」や

サケブシッポ

の「ほえさけぶ」で攻撃します。



サーナイトex


サイド1枚分のポケモンでポケモンex・Vをも一撃で倒すパワーを出せますが、

ジャミングタワー

ロストスイーパー

で複数体処理されるリスクと常に隣り合わせのデッキです。



最近では

アンフェアスタンプ

の採用が一般的になり、その警戒が強まったことで場が整っていない序盤から攻撃されることが減って、攻撃開始までの猶予ターンが少し長くなりました。



オーガポンライコに有利なデッキの筆頭であるため、CL札幌以降は使用率が上がっています。


ルギアVSTAR(サンプルレシピ)

ルギアV

x 3

ルギアVSTAR

x 2

アーケオス

x 4

チラーミィ

x 2

チラーミィ

x 1

チラチーノ

x 3

ガチグマ アカツキex

x 1

オーガポン いどのめんex

x 1

テツノカイナex

x 1

ネオラントV

x 2

キチキギスex

x 1

イエッサン

x 1

キャプチャーアロマ

x 4

ハイパーボール

x 4

ネストボール

x 2

ジャミングタワー

x 2

ボスの指令

x 3

ナンジャモ

x 2

博士の研究

x 1

ジニア

x 1

ハマナのバックアップ

x 1

ネジキ

x 1

カイ

x 1

ギフトエネルギー

x 4

ミストエネルギー

x 4

ジェットエネルギー

x 4

ダブルターボエネルギー

x 3

レガシーエネルギー

x 1

優勝

×4

準優勝

×2

3位

×2

ベスト8

×2

入賞

×14

このレシピの予算: 14,200円

ルギアVSTARの解説

ルギアVSTAR

のVSTARパワー「アッセンブルスター」で

アーケオス

を出して、特性「プライマルターボ」でエネルギー供給するデッキです。


チラチーノ

の「スペシャルころころ」により2進化ポケモンexでも難なく倒せる火力を手にしました。


ルギアVSTARチラチーノ

レガシーエネルギー

の登場によりサイドを1枚多く取れる

テツノカイナex

・低HPのポケモンを2匹同時に倒せる

オーガポンいどのめんex

等が採用されるようになりました。無色以外のエネルギーが必要なワザが使えるようになって、より多彩な攻め方が可能になっています。



プレイヤーによって先攻・後攻のどちらを選ぶか意見が分かれるデッキでもあり、先攻派は

ゼイユ

を2枚以上採用して最速でVSTARパワー「アッセンブルスター」を狙います。



しかし、道中でエネルギーや

チラチーノ

を大量にトラッシュするリスクがあるため、堅実に対戦したいプレイヤーは

ゼイユ

の枠を

博士の研究

に譲って後攻を選ぶこともあります。



ゼイユ博士の研究

ロストバレット(サンプルレシピ)

キュワワー

x 4

ウッウ

x 1

ヤミラミ

x 1

テツノカイナex

x 1

テツノイバラex

x 1

ガチグマ アカツキex

x 1

キチキギスex

x 1

かがやくゲッコウガ

x 1

テツノツツミ

x 1

マナフィ

x 1

なかよしポフィン

x 3

ネストボール

x 4

ヒスイのヘビーボール

x 1

ミラージュゲート

x 4

すごいつりざお

x 3

夜のタンカ

x 1

いれかえカート

x 4

ポケモンいれかえ

x 2

ロストスイーパー

x 3

プライムキャッチャー

x 1

ポケギア3.0

x 1

緊急ボード

x 2

アクロマの実験

x 4

ボスの指令

x 2

ツツジ

x 1

ポケストップ

x 1

ジャミングタワー

x 1

基本雷エネルギー

x 4

基本水エネルギー

x 3

基本超エネルギー

x 2

準優勝

×3

ベスト8

×8

入賞

×5

このレシピの予算: 14,490円

ロストバレットの解説

キュワワー

の特性「はなえらび」や

アクロマの実験

等でロストゾーンにカードを貯めて、

ミラージュゲート

で多彩に攻撃するデッキ。



キュワワーアクロマの実験


ロストギラティナとは違ってたねポケモンのみで構成されるため、必要なときに必要なポケモンがすぐに動き出せるのが強み。その代わりエネルギーの色数が多くなって、より繊細なプレイングが求められます。



以前は

ウッウ

ヤミラミ

を主体に攻撃していましたが、最近では

ガチグマアカツキex

テツノカイナex

などが攻撃の軸となっているため、サイドが2枚ずつ進行する大振りなデッキになりました。



ACE SPEC枠はこれまで

プライムキャッチャー

の一択でしたが、高速化する現環境の対戦スピードに順応するため

シークレットボックス

を採用する構築も増えてきています。



{プライムキャッチャーシークレットボックス

オーガポンライコ(サンプルレシピ)

タケルライコex

x 4

オーガポン みどりのめんex

x 3

スナノケガワ

x 1

かがやくゲッコウガ

x 1

イキリンコex

x 1

キチキギスex

x 1

ネストボール

x 4

ポケギア3.0

x 4

大地の器

x 3

いれかえカート

x 2

ともだちてちょう

x 2

エネルギー回収

x 2

ハイパーボール

x 2

すごいつりざお

x 1

スーパーエネルギー回収

x 1

ポケモンキャッチャー

x 1

プライムキャッチャー

x 1

勇気のおまもり

x 3

ポケストップ

x 2

オーリム博士の気迫

x 4

ナンジャモ

x 2

ボスの指令

x 2

基本雷エネルギー

x 3

基本闘エネルギー

x 3

基本草エネルギー

x 7

優勝

×8

準優勝

×2

ベスト8

×6

入賞

×4

このレシピの予算: 17,210円

オーガポンライコの解説

CL札幌後に登場して、一躍環境の一角を担うデッキ。


オーリム博士の気迫

オーガポンみどりのめんex

で盤面のエネルギーを増やして、

タケルライコex

の「きょくらいごう」で後攻1ターン目からポケモンV・exを倒せるほどの高火力を押しつけます。



タケルライコexオーガポンみどりのめんex


非ルールポケモン主体のデッキは総じて苦手ですが、環境トップの

ドラパルトex

が抑止力となっているため、オーガポンライコにとって動きやすい環境が整っています。



先日のCL札幌で優勝したミライドンに対しても有利です。


ミライドン側は

タケルライコex

を一撃で倒せないのに対して、

タケルライコex

はどんなに高いHPだろうとお構いなしに倒せます。



しかし、高火力と手札干渉を同時に押し付けられる

サーナイトex

リザードンex

ルギアVSTAR

は不利対面であり、いずれも対抗勢力としてシェア率を伸ばしています。


レジドラゴVSTAR(サンプルレシピ)

レジドラゴVSTAR

x 3

レジドラゴV

x 4

オーガポン みどりのめんex

x 3

ヒスイ ヌメルゴンVSTAR

x 1

ドラパルトex

x 1

タケルライコex

x 1

キュレム

x 1

オノノクス

x 1

ミュウex

x 1

かがやくリザードン

x 1

ボスの指令

x 2

博士の研究

x 2

ナタネの活気

x 2

ナンジャモ

x 1

ネジキ

x 1

シンオウ神殿

x 1

キャプチャーアロマ

x 2

ネストボール

x 3

ハイパーボール

x 4

プライムキャッチャー

x 1

夜のタンカ

x 1

キャンセルコロン

x 1

ポケモンいれかえ

x 1

スーパーエネルギー回収

x 2

大地の器

x 3

エネルギーつけかえ

x 4

基本草エネルギー

x 9

基本炎エネルギー

x 3

優勝

×8

準優勝

×1

3位

×1

ベスト4

×1

ベスト8

×1

このレシピの予算: 16,630円

レジドラゴVSTARの解説

新弾で超強化された、今環境の再注目デッキ。


レジドラゴVSTAR

の「りゅうむそう」で様々なドラゴンポケモンのワザを使い分けるデッキ。

オーガポンみどりのめんex

の特性「みどりのまい」と

エネルギーつけかえ

で炎/草/草のエネルギー要求を満たします。



レジドラゴVSTARオーガポンみどりのめんex


小型ポケモンに強い

キュレム

ドラパルトex

、大型ポケモンに強い

タケルライコex

ギラティナVSTAR

、中打点をいなす

ヒスイヌメルゴンVSTAR

など、カスタマイズ次第で様々な対面と張り合えます。



ドラパルトexキュレム


今後も新規のドラゴンタイプが追加される度に強化されるため、将来性もバッチリなテーマです。


Tier3のデッキレシピと解説

パオジアンex(サンプルレシピ)

パオジアンex

x 2

セグレイブ

x 3

セビエ

x 2

セビエ

x 1

ビッパ

x 2

ビーダル

x 2

テツノカイナex

x 1

キチキギスex

x 1

かがやくゲッコウガ

x 1

ネストボール

x 4

ハイパーボール

x 4

なかよしポフィン

x 4

ヒスイのヘビーボール

x 1

スーパーエネルギー回収

x 4

ふしぎなアメ

x 3

すごいつりざお

x 2

キャンセルコロン

x 2

夜のタンカ

x 1

大地の器

x 1

プライムキャッチャー

x 1

暗号マニアの解読

x 1

ボスの指令

x 1

ナンジャモ

x 1

カイ

x 4

ポケストップ

x 2

基本水エネルギー

x 8

基本雷エネルギー

x 1

優勝

×10

準優勝

×1

ベスト8

×2

入賞

×2

このレシピの予算: 14,960円

パオジアンexの解説

セグレイブ

の特性「きょくていおん」は

基本水エネルギー

を手札から好きなだけ付けられる特性です。これにより水ポケモンを中心に攻撃します。



パオジアンexセグレイブ


大型ポケモンでも一撃で沈める

パオジアンex

・サイドを1枚多く取れる

テツノカイナex

・2匹同時きぜつを狙える

かがやくゲッコウガ

。性質が大きく異なるアタッカーを使い分けて、誰がバトル場に来てもサイドを2枚取ることを目指します。



一時期は

ドラパルトex

への対抗手段が乏しくて使用率が減っていましたが、最近はサイドを2枚取れるポケモンV・exが環境に増えたため復権の兆しを見せています。


古代バレット(サンプルレシピ)

トドロクツキex

x 1

トドロクツキ

x 4

ハバタクカミ

x 3

かがやくゲッコウガ

x 1

モモワロウex

x 1

ハイパーボール

x 4

ネストボール

x 4

大地の器

x 4

ポケギア3.0

x 3

ダークパッチ

x 3

アンフェアスタンプ

x 1

カウンターキャッチャー

x 2

すごいつりざお

x 1

夜のタンカ

x 1

スーパーエネルギー回収

x 1

ともだちてちょう

x 1

ブーストエナジー 古代

x 4

オーリム博士の気迫

x 4

探検家の先導

x 4

ボスの指令

x 1

ポケストップ

x 3

基本悪エネルギー

x 9

優勝

×3

ベスト8

×2

このレシピの予算: 12,870円

古代バレットの解説

トラッシュに「古代」のカードを貯めて

トドロクツキ

の「あだうちやばね」で戦います。非ルールポケモンながらHP140という高耐久が売りのデッキタイプです。


トドロクツキ


ドラパルトex

の「ファントムダイブ」のダメカン6個を2回耐えられる点は強いですが、

なかよしポフィン

のサーチ対象外であるため展開力に若干の不安を抱えています。



ドラパルトex

リザードンex

のような2進化ポケモンexは2回の攻撃で倒しますが、

崩れたスタジアム

フトゥー博士のシナリオ

ポケモン回収サイクロン

でサイドプランをずらされると間に合わない展開が多くなってしまいます。



しかし

シークレットボックス

型が採用され始め、安定感が増したことで評価が少しずつ上がっています。



シークレットボックス

オリジンディアルガVSTAR(サンプルレシピ)

オリジンディアルガV

x 3

オリジンディアルガVSTAR

x 3

ダンバル

x 4

メタング

x 4

ミュウex

x 1

キチキギスex

x 1

ハバタクカミ

x 1

かがやくゲッコウガ

x 1

ハイパーボール

x 4

ネストボール

x 4

なかよしポフィン

x 2

プライムキャッチャー

x 1

カウンターキャッチャー

x 1

すごいつりざお

x 4

博士の研究

x 4

ナンジャモ

x 4

ボスの指令

x 2

夜のアカデミー

x 1

基本鋼エネルギー

x 15

準優勝

×1

3位

×1

ベスト4

×2

ベスト8

×1

このレシピの予算: 10,750円

オリジンディアルガVSTARの解説

メタング

の特性「メタルメーカー」でエネルギー供給して、

オリジンディアルガVSTAR

を中心に攻撃します。



オリジンディアルガVSTARメタング


VSTARパワー「スタークロノス」で追加ターンを取りつつ、「メタルブラスト」の青天井火力でサイド差を突き放したり、システムポケモンを一気に倒して機能不全にできる点が強力です。



海外の大型大会優勝を機に注目されたデッキタイプですが、盤面を作るまでのハードルが非常に高い点・それだけの盤面を作れても手札補充ができない点などから不安点も多く残るデッキです。


ミライドンex(サンプルレシピ)

ミライドンex

x 3

テツノカイナex

x 2

ライチュウV

x 1

ライコウV

x 1

サンダー

x 1

イキリンコex

x 1

かがやくゲッコウガ

x 1

テツノツツミ

x 1

ミュウex

x 1

シャリタツ

x 1

エレキジェネレーター

x 4

ネストボール

x 3

ハイパーボール

x 2

ロストスイーパー

x 1

いれかえカート

x 1

シークレットボックス

x 1

緊急ボード

x 2

げんきのハチマキ

x 1

森の封印石

x 1

勇気のおまもり

x 1

ヘビーバトン

x 1

タウンデパート

x 2

ペパー

x 3

ボスの指令

x 3

博士の研究

x 2

カシオペア

x 2

ダブルターボエネルギー

x 2

基本雷エネルギー

x 15

優勝

×1

準優勝

×1

3位

×7

ベスト8

×4

入賞

×9

このレシピの予算: 7,650円

ミライドンexの解説

ミライドンex

の特性「タンデムユニット」でベンチを広げて、

エレキジェネレーター

でエネルギーを供給するデッキ。


後攻1ターン目から

テツノカイナex

の「ごっつあんプリファイ」が打てるため、

ドラパルトex

のような1~2ターン準備を要するデッキに対しては、攻撃体勢が整う前に場を荒らすことができます。

ルギアVSTAR

に対しても雷弱点をつけるため、環境2トップに対して有利な試合運びが可能です。



ミライドンexテツノカイナex


CL札幌を優勝したことで再び脚光を浴びましたが、その直後に爆発的に使用率が伸びたオーガポンライコが不利対面なので、「超大型大会で優勝したのにシェア率が激減した珍しいデッキ」となりました。


ロストギラティナ(サンプルレシピ)

ギラティナVSTAR

x 3

ギラティナV

x 3

キュワワー

x 4

ヤミラミ

x 1

ウッウ

x 1

かがやくゲッコウガ

x 1

ガチグマ アカツキex

x 1

なかよしポフィン

x 1

ネストボール

x 4

ポケモンいれかえ

x 2

いれかえカート

x 2

カウンターキャッチャー

x 1

すごいつりざお

x 3

ロストスイーパー

x 1

キャンセルコロン

x 1

ミラージュゲート

x 4

森の封印石

x 1

緊急ボード

x 1

マキシマムベルト

x 1

アクロマの実験

x 4

ナンジャモ

x 1

ツツジ

x 2

ボスの指令

x 2

ペパー

x 1

シンオウ神殿

x 1

基本超エネルギー

x 4

基本草エネルギー

x 3

基本水エネルギー

x 3

ジェットエネルギー

x 3

優勝

×3

準優勝

×2

3位

×7

ベスト8

×7

入賞

×7

このレシピの予算: 10,140円

ロストギラティナの解説

キュワワー

の特性「はなえらび」や

アクロマの実験

等でロストゾーンにカードを貯めて、

ミラージュゲート

で多彩に攻撃するデッキ。



低HPポケモンには

かがやくゲッコウガ

ヤミラミ

、ポケモンexやポケモンVSTARには

ギラティナVSTAR

の「ロストインパクト」、それ以上のHPをもつポケモンにはVSTARパワー「スターレクイエム」と、どんな相手でも五分以上に戦えるオールマイティさが売りです。



ギラティナVSTARかがやくゲッコウガ


従来は

ギラティナV

の「アビスシーク」でロストゾーンと手札を増やせる点も、安定性の面でロストバレットとの差別化点でした。しかしオーガポンライコ・

ルギアVSTAR

といった、220ダメージを簡単に飛ばしてくるデッキが増えたため、使用率はやや減少傾向にあります。


記事監修者

icon

ビオラ

X

「思考を進めるお手伝い」をテーマに投稿するポケカnoteクリエイター。主な作品は『デッキ平均化』シリーズ・『エネ加速の色見本』など。累計PV数約250万回。

ポケカ激安通販 - カードラッシュ のご紹介

とにかく安い!業界最安を目指しています!

圧倒的な在庫の豊富さ!ほとんどのデッキがカードラッシュだけで組めます!

週替わりで相場よりも大幅に安いセール品をご用意しています!

カードラッシュの通販サイトを見に行く

矢印
カードラッシュ採用サイト