麻痺ギミック搭載で復権の兆し!「パルキアVSTAR」デッキ!



今回は最近再び母数を増やし始めてきた《パルキアVSTAR》デッキについて紹介していきたいと思います。
それでは早速、レシピはこちらになります。


デッキレシピ


今回紹介する《パルキアVSTAR》デッキは今までのレシピよりもパルキアラインの枚数を落とし、代わりに《フリーザー》を採用しているレシピとなっています。というのも《パルキアVSTAR》が最大母数から陥落したのは《ルギアVSTAR》デッキの台頭があったためです。


そのため、今までのレシピのままだと《ルギアVSTAR》に対して不利なままでした。そこで出てきたポケモンが《フリーザー》になります。「白熱のアルカナ」に収録されているカードでルカリオ争奪戦のシールド戦でもよく使われているカードですね。

《ルギアVSTAR》デッキの一般的なリストに状態異常を解除できるカードが採用されていないというところから、《フリーザー》で麻痺にして戦っていくプランを搭載するようになりました。
そのほかのデッキに対しては元々有利であったため同じように戦っていきます。

ポケモン20枚。



メインポケモンのパルキアラインは3−2での採用。ほとんどの相手に《フリーザー》《インテレオン》を使うため枚数を落としての採用となっています。

メッソンラインは4−3−3での採用となっていて今回はクイックシューターの《インテレオン》を2枚採用しています。これは《フリーザー》でも麻痺プランで戦っていく際の打点調整として必ず必要となってくるため、この枚数での採用となっています。

グッズ19枚。



グッズは19枚で、ポケモンをサーチできるカードが9枚となっています。
《ヒスイのヘビーボール》はどのポケモンがサイドに落ちてもかなり厳しいこともあり(特に《かがやくゲッコウガ》)必須枠としてすんなり採用となりました。サイドに複数枚対象に取れるポケモンがいる際は使うタイミングも込みでしっかり検討しましょう。

《きんきゅうゼリー》は1体目の《フリーザー》場持ちをよくしてくれる事で準備のターンを作ってくれるため1枚採用しています。

サポート11枚。



サポートは11枚と少し多めに採用しています。主な理由としては《フリーザー》による麻痺でゲームターンが少し伸びるためこの枚数となっています。

《キバナ》は盤面が埋まっている状態から《フリーザー》が攻撃にいけたり、《インテレオン》が0エネから攻撃できたりと使える状況が多いため2枚採用となっています。

終わりに


今回は《パルキアVSTAR》デッキの紹介となりました。もうすぐ新レギュレーションの発売やスタンダード落ちがあるので悔いのないようにやっていきましょう!
今回はこの辺で、それではまた!!

ポケカ激安通販 - カードラッシュ のご紹介

とにかく安い!業界最安を目指しています!

圧倒的な在庫の豊富さ!ほとんどのデッキがカードラッシュだけで組めます!

週替わりで相場よりも大幅に安いセール品をご用意しています!

カードラッシュの通販サイトを見に行く

矢印