大会レポート | アリス | JCS2019



アリスさんから先日参加のJCS2019のレポート記事をラッシュメディアにいただきました。

はじめに


JCSお疲れ様でした。アリスです。
私は最終戦配信卓で負けてしまい、7−2の85位で終わり今年は日本でお留守番ということになりました。
さて、今回はJCSの振り返りをしていきます。
今シーズン最後に日本一を狙うために持ち込んだデッキはコントロールゾロアークというデッキでした。
簡単に言うと、相手のデッキに合わせてリソースを削るか、普通にサイドを取っていくかを考えて使うデッキです。練習メンバーのうち私と他二人が握り、一人は決勝トーナメントに残ることができました。
それでは早速振り返っていきたいと思います。
※記事内紹介のカードはカード名のリンク、記事末尾の
バナーをクリックで通販サイトへアクセスできます
通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

デッキレシピ



対戦レポート





先行で《ウツギ博士のレクチャー》を使いエンド。
相手はベンチに置いた《エーフィー&デオキシスGX》《溶接工》を使いエンド。こちらは《ハプウ》を使うも、《ゾロアークGX》に触れることのできるカードが得られずエンド。
相手は《ポケモンいれかえ》から超エネルギーを貼り、クロスディビジョンGXで《ゾロア》《メタモン◇》を倒してきます。こちらは前に《デデンネGX》を出して後ろにエネを貼りエンド。相手は《レシラム&リザードンGX》で前を倒してエンド。
ここで前のターンにエネを貼ったポケモンを前に、ベンチに《メルメタル&ルカリオGX》を出して、《リセットスタンプ》《ムサシとコジロウ》《ザクザクピッケル》でハンドを飛ばしてトップを操作。
そしてフルメタルウォールでエネルギーを剥がし、積みの盤面を作ったところで投了をもらいました。


4、5回マリガンをもらってスタート。序盤は《ゾロアークGX》をたくさん立てることと《アローラベトベトン》をいつでも場に出せるようにしておくことに専念して、相手にサイドを二枚取ってもらったところでハンドを飛ばしてそこから倒し切り勝利。


こちらが《ウツギ博士のレクチャー》を使った返しに相手は色々して《カキ》でターンを返してくる。手札を見ると二枚だけだったため、《ムサシとコジロウ》で手札を飛ばしてフルメタルウォール。
そこからはパターンに持ち込み、エネルギーが相手の盤面からなくなったところで殴りに行き勝利。



相手のスタートが《ミュウツー&ミュウGX》で、相手のデッキが《ガブリアス&ギラティナGX》とわかっていたため《メタモン◇》は出せず、《アローラベトベター》を出そうと思うもサイド落ちで苦しむ展開。
なかなか《グラジオ》にアクセスすることができずにいて、終盤に《グラジオ》でサイドから《アローラベトベター》を救出した頃にはサイドが2−6となっている状態でした。
そこから《リセットスタンプ》《ムサシとコジロウ》を決めて《ザクザクピッケル》でパターンに入ろうとするもめくった3枚が《グズマ》《グズマ》《エリカのおもてなし》となっていたため、詰んでしまい負け。
飛ばした手札も《グズマ》《リーリエ》だったのでびっくりでした笑


対戦後に話を聞くと《溶接工》が手札に固まりエネルギーがない状態だったらしく、相手が止まっている間に殴りきって勝利。
途中でエネルギーに触れるカードを引かれていたら試合がひっくり返っていた可能性があったのでヒヤヒヤしていました



これも事前情報で《グレイシアGX》と聞いていたため気合を入れてじゃんけんに臨む。無事勝利。
最初のプランとして《メルメタル&ルカリオGX》にエネを集めていこうと思うも、鋼エネルギー2枚と《グラジオ》がサイド落ちのためどうしようもなくなる。
とりあえず《メルメタル&ルカリオGX》にダブル無色を貼ってエンド。
返しに《グレイシアGX》に進化し、やぶれかぶれを受けて《改造ハンマー》で後ろのダブル無色が割られる。《スカル団のしたっぱ》しか返しに引けなかったので使うとダブル無色がヒット。しかし他にすることもなくエンド。
ここで相手がサイド落ち確認を忘れるミスで《ハイパーボール》を使うも、《カプテテフGX》がサイド落ちしていたため相手の手札がなくなる。
その後はこちらが先に殴り始め、相手がサイドレースに追いつけないと判断したタイミングで投了をもらい勝利。



おそらく《エネルギーリサイクル》が入っていて、《ゾロアークGX》を一撃で倒してくるポケモンがメインなので少し不利かなと思っていました。
一匹目の《ゾロアークGX》が倒されるときに相手の場に《リザードン》が一匹しか立っていなかったので、《アローラベトベトン》でジラーチを止めて《リセットスタンプ》から相手の手札を飛ばし、そのまま倒し切り勝利。


先行で《ウツギ博士のレクチャー》から《ゾロア》《ゾロア》《メタモン◇》を置いてエンド。相手は前の《ミュウツー&ミュウGX》にエネを手張りしてベンチに《レシラム&リザードンGX》を置いてやぶれかぶれ。その後《ミステリートレジャー》からワンダータッチで《カキ》を加えて、前の《ミュウツー&ミュウGX》に打ってエンド。
手札を見ると《アローラベトベトン》があったため《メタモン◇》を進化させ、《シロナ》で展開。その後は《ゾロアークGX》を多く立て、山札を縦に掘っていく。
ベンチにいた《レシラム&リザードンGX》が殴りに出てきた返しに《リセットスタンプ》から《ムサシとコジロウ》《マタドガス》でハンドを飛ばしつつ、フルメタルウォールGXでエネルギーを全て剥がす。
次のターンに《メルメタル&ルカリオGX》《クチナシ》《ゾロア》に変えて《ゾロアークGX》に進化させ殴りきって勝利。




この試合は文字で読んでもらうよりも配信を見てもらったほうがわかりやすいと思います。
https://t.co/UdjJbvNfPB?amp=1(8:32:00辺りから)
※【ポケモン公式youtubeチャンネル】「ポケモンジャパンチャンピオンシップス2019」 カードゲーム部門(1日目)から引用)
この試合で考えていたことは
《フェローチェ&マッシブーンGX》を前で縛りながら《ヤレユータン》のリソースマネジメントを使い続けエネルギーの枯渇を狙う。
・できる限り手札に圧力をかけて、手札で相手の考えてるプランを遂行させないようにする。
主にこの二点です。
前の《ゾロアークGX》にダブル無色を貼って相手の《フェローチェ&マッシブーンGX》を殴らなかった場面には、
・倒すのには3ターンかかるので非効率だった
・アセロラで帰ってしまうと新しいポケモンが何か出てきてしまう可能性があった(盤面以外の可能性を考えてプレイする状況を作りたくない)
このような理由がありました。
初手のドローゴーであったり、後攻2ターン目に《メタモン◇》がビーストゲームで倒されてしまったりと少し運がなかった部分もあったかもしれないとは思いますが、最後のところで前に《ゾロアークGX》を出していれば負けてはいなかったため、自分のミスで勝てなかったのかなとも思います。

まとめ


会場全体を見た感じと、上位に残っているデッキを見るとやはり《レシラム&リザードンGX》が一番多かったように思えます。そこに対して一度も負けることなく大会を終えられたので、メタ読みとデッキ選択は正しかったのでしょう。
それでも最後に勝ちきれなかったのは、やはり実力不足ということだと思うので、3ヶ月のオフシーズンもしっかり練習をしていきたいと思います。
練習メンバーにこのデッキを見せてもらった時からこのデッキにほぼ全ての時間を割いてきたのでトーナメントに残れなかったのはとても悔しかったです。
それでは今回はこの辺で。
来シーズンも引き続きよろしくお願いします。
記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓


ポケカ激安通販 - カードラッシュ のご紹介

とにかく安い!業界最安を目指しています!

圧倒的な在庫の豊富さ!ほとんどのデッキがカードラッシュだけで組めます!

週替わりで相場よりも大幅に安いセール品をご用意しています!

カードラッシュの通販サイトを見に行く

矢印