このデッキに不可能はない!?コントロール型「ルギアVSTAR」デッキ!



今回はコントロール寄りの《ルギアVSTAR》デッキを紹介していきたいと思います。
それでは早速、レシピはこちらになります。


デッキレシピ



今回紹介するレシピは《ルギアVSTAR》の高い攻撃力と環境に合っている《イベルタル》の特殊エネルギーを破壊する行為を合わせたデッキとなっています。

環境に多く存在する《ルギアVSTAR》ミラーに対しては《イベルタル》をうまく使い相手にリソースを枯らしていく戦い方をしていきます。

そのほかの相手には従来の《ルギアVSTAR》の動きをしっかりと押しつけて戦っていきます。ロストバレットに対しての《ムーランドV》《ミュウVMAX》に対しての《ドラピオンV》と環境に多いデッキのメタカードを1枚ずつ採用しています。

ポケモン22枚。



ポケモンか22枚。メインとなっているルギアラインは4−4とフル枚数での採用となっています。
《しんかのおこう》の枚数より《ルギアVSTAR》の枚数を優先して取っているのは、《ルギアV》を進化させずに《博士の研究》などでトラッシュしていくゲームプランが存在するため最大枚数となっています。

《ドラピオンV》《ムーランドV》は上記の通りで《ハピナスV》はエネルギー破壊してくるミラー系統での対戦やアルセコケコや《クワガノンV》のような弱点突いてくるデッキに対して使うカードとなっています。サイドに落ちると困る試合がほとんどなため《ネオラントV》は2枚採用となっています。

グッズ12枚。



グッズは12枚。他のデッキに比べて圧倒的に少なくなっています。ポケモンをサーチする札を10枚と《おおきなおまもり》2枚となっています。

初手の安定度と《アーケオス》をトラッシュに送ることができるボール2種は最大値である4−4での採用。《しんかのおこう》《ルギアVSTAR》を4枚採用したいために枠の都合で2枚となっています。

サポート10枚。



サポートは10枚。《博士の研究》《ネオラントV》を2枚採用しているため枚数を落として3枚の採用となっています。《ボスの指令》は好みで1枚《セレナ》に変えてもいい枠なので環境に合わせて選択しましょう。

《チェレンの気配り》《フリーザー》《カプ・コケコVMAX》のような麻痺でターンを作ってこようとする相手に対して強く使えるため1枚採用しています。

最後に


今回はコントロールルギアのデッキ紹介となりました。
もうすぐレギュレーション変更を迎えますのでそれまでに今のレギュレーションを楽しみ切りましょう!!

今回はこの辺で、それではまた!!

ポケカ激安通販 - カードラッシュ のご紹介

とにかく安い!業界最安を目指しています!

圧倒的な在庫の豊富さ!ほとんどのデッキがカードラッシュだけで組めます!

週替わりで相場よりも大幅に安いセール品をご用意しています!

カードラッシュの通販サイトを見に行く

矢印